プロフィール

シゲル

シゲル
12月9日生まれ
福岡県出身

[趣味]
読書、酒、あと酒
[マイブーム]
深酒による迷惑行為。
[主な曲調]
ゆるい

~音楽漬けの生活を目指して東京に住むもののなかなかそうもいかない男シゲル。
良い曲作って良い歌を歌えるように頑張るのです!

超略歴:
1995年あの頃は18才。友人の高校卒業ライブに影響されて佐賀大学フォークソング研究会と言う当時重めの音のバンド部に入る。
しばらくベースと歌をやる。

1999年ギターを始めてそのままライブ開始。
「名前の読み方がわからない」等の苦情によりシゲルに改名。(本名:寛)

2000年大学留年中にもかかわらずインドに逃亡。
6曲入りデモ「sigelaco」を自主制作。
以降佐賀、福岡を中心に各地でライブを展開。
いくつかのV.A.CDに参加。
自主企画ライブイベント「雑居ビル3F」開始。

2004年佐賀市にて市内数カ所での野外フリーライブ「街からはじまる音楽フェスタ」に企画参加。
6曲入りCD「seasoned corn」をharakara recordsより発表。


2006年夏次のステップに進むため佐賀から東京へ。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えはなかった。

「命売ります」を読みました。

そーでしょーとも!
という事でした。

批評とかには興味がわかないのであまりよくこの本の事を知らないのですが話の入り口の「命を売るキッカケ」が僕のインド旅行のキッカケとほぼ同じだったのでなんだか一気に読んでしまいました。

僕は多分誰かが行き着いた一つの答えを読みたかった。
もちろん主人公みたいに新聞の活字がゴキブリに見える事はないですが…

と、よくわからない日記です。
多分読んだらわかります。
三島由紀夫さんの本です。

この本はこの人のどういう時に書いた作品なんだろうな?
と思いました。

〆がエンターテイメントに感じたもので。
若者向けの本での連載らしいので「若者は終わりや答えばかりを考えないで前に続いていきなさい」という事なのかな?と思いました。
だとしたら「そーなんだよな~!」と思うばかりです。
そこには僕みたいな若造が噛み付く隙間もない大人理論がありました。

頭をギュッと抑えられてもフイとそっぽを向く若気の至りが起こる。
んで「勝手にやってやるさ!」と思ってる所に「そうそう!若者はそれだけ自由なんだよ。」と後ろでほくそ笑まれてるような。
手のひらで転がされるような気分でいます。

三島由紀夫さんって大人なんだな~!
と思いました。

まぁ面倒くさい感想になってしまったのでこんな感じで…
日記を読み直してみると「あぁコレが読書かぁ」と思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。